王家衛映画レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数390
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    この授業で私ははじめてウォン・カーウァイ監督の作品を見た。それまで彼の作品を見なかったのは、 ウォン・カーウァイ 監督を、「最近流行りの、ストーリーのはっきりしない映画を撮る人」としか認識しておらず、なんとなく食わず嫌いをしていた。『欲望の翼』を見終えたとき、言葉では表現がしづらいが、ふわふわとした浮揚感というのか、行き場のない虚無感のようなものが体中に染み渡っている感覚が残った。私が、 ウォン・カーウァイ 監督の作品をレポートのテーマ課題に選んだのは、その感覚がけして不快なものではなく、むしろとても心地良いものだったからだ。
    『恋する惑星』は、授業中に見た『天使の涙』の最初で流れた予告編を見たときから気になっていた作品だ。『天使の涙」や『欲望の翼』とちがって、全体的にポップで明るい雰囲気の作品となっている。物語は二部構成になっていて、前半の話と後半の話は、直接は関係が無いが、前半後半ともに金城武のセリフからはじまっていて、ともにMIDNIGHT EXPRESSというバーガーショップが出てくるし、二人の男主人公はともに警官だという共通点を持っている。
    「その時彼女との距離は0.1ミリ。57時間後、僕は彼女に恋をした。」
    このセリフとハンドカメラで撮影された映像ではじまる前半部分は、後半と比べると多少ダークな雰囲気だ。ごちゃごちゃとした町の中を、ストップモーションをたくさん使ったり、ピントをわざとはずして撮影したりしているので、映像的にはなんだかよく理解できないところがたくさんあったが、それがとてもいい味を出していたように思う。とくにうまいなと思ったのは、ふたつある。ひとつはブリジッド・リン扮する金髪の女性が麻薬密輸のインド人らに追いかけられるときに、ハンドカメラで走りながら撮影されていたことだ。逃げているから、切迫している状況にもかかわらずすがすがしい疾走感がした。ふたつめは会話についてだ。ブリジッド・リン扮する金髪の女性はほとんど英語で話しており、金城武扮する警官223号は電話でばかり話している。金髪女性が北京語を話すのも、警官223号がMIDNIGHT EXPRESSのマスター以外の生身の人物と話をするのは、二人が出会ったバーでだけだ。しかもそのバーでのシーンはほとんど赤い色で、さらにインパクトのあるジュークボックスと音楽で、二人の出会いを運命的なもののように描いている。金髪女性役のブリジッド・リンはサングラスをずっとかけているが、それでも孤独感や焦燥感をあれだけ表現できるのは、彼女自身の演技力もあるが、 ウォン・カーウァイ 監督の技術のなせるワザだと感じた。
    「その時ふたりの距離は0.1ミリ。6時間後、彼女は別の男に恋をした。」と言うせりふで主人公が警官223号からフェイ・ウォン扮するフェイに移り、後半部分がはじまる。前半部分のイメージカラーが暗めの赤だったのにたいして、こちらはさわやかな青色がふんだんに使われている。個人的には前半の話よりも後半のほうが好きだ。ストーリーはフェイ・ウォンの歌う「夢中人」と大音量で流される「カリフォルニア・ドリーミング」ともに進行する。MIDNIGHT EXPRESSで働くフェイは、トニー・レオン扮する警官663号に恋をするが、警官663号はスチュワーデスの彼女に振られたばかりで、立ち直れていない。フェイは、傷心の警官663号の家に勝手に入り込み、シーツの色を変えたり、金魚を増やしたりと色々模様替えをする。それなのに、警官は心に余裕がないようでまるで気が付かない。とりかえられて多きくなった石鹸に向かって「

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    この授業で私ははじめてウォン・カーウァイ監督の作品を見た。それまで彼の作品を見なかったのは、 ウォン・カーウァイ 監督を、「最近流行りの、ストーリーのはっきりしない映画を撮る人」としか認識しておらず、なんとなく食わず嫌いをしていた。『欲望の翼』を見終えたとき、言葉では表現がしづらいが、ふわふわとした浮揚感というのか、行き場のない虚無感のようなものが体中に染み渡っている感覚が残った。私が、 ウォン・カーウァイ 監督の作品をレポートのテーマ課題に選んだのは、その感覚がけして不快なものではなく、むしろとても心地良いものだったからだ。
    『恋する惑星』は、授業中に見た『天使の涙』の最初で流れた予告編を見たときから気になっていた作品だ。『天使の涙」や『欲望の翼』とちがって、全体的にポップで明るい雰囲気の作品となっている。物語は二部構成になっていて、前半の話と後半の話は、直接は関係が無いが、前半後半ともに金城武のセリフからはじまっていて、ともにMIDNIGHT EXPRESSというバーガーショップが出てくるし、二人の男主人公はともに警官だという共通点を持っている。
    「その時彼女との距離は0.1ミ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。