循環器と運動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,240
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    実験1
    【目的】
     水銀血圧計を使い安静背臥位、安静立位の血圧・心拍数を測定し、体位の変換による循環系の変化について考察する。

    【実験方法】
     28歳女性被験者の左上腕に水銀血圧計のカフを装着する。プラットフォーム上で背臥位になり、安静状態で血圧、心拍数を測定する。その後立位になり安静状態で血圧・心拍数を測定する。背臥位・立位交互に3回ずつ測定する。血圧測定時の上腕の位置は心臓の高さと同程度とする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    実験1
    【目的】
     水銀血圧計を使い安静背臥位、安静立位の血圧・心拍数を測定し、体位の変換による循環系の変化について考察する。
    【実験方法】
     28歳女性被験者の左上腕に水銀血圧計のカフを装着する。プラットフォーム上で背臥位になり、安静状態で血圧、心拍数を測定する。その後立位になり安静状態で血圧・心拍数を測定する。背臥位・立位交互に3回ずつ測定する。血圧測定時の上腕の位置は心臓の高さと同程度とする。
    【結果】
     3回の測定結果の心拍数の平均は背臥位で62p/min、立位で72p/minであった。収縮期血圧の平均は背臥位で91.333mmHg,立位で 85.333mmHgであった。拡張期血圧の平均は背臥位で58mmHg、立位で56.667mmHgであった。
    28歳女性   背臥位 立位 背臥位 立位 背臥位 立位 心拍数(p/min) 64 70 60 72 62 74 収縮期血圧(mmHg) 90 88 96 82 88 86 拡張期血圧(mmHg) 50 56 66 60 58 54
      背臥位 立位 心拍数平均(p/min) 62 72 収縮期血圧平均(mmHg) 91.333 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。