筋収縮と加速度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数440
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【実験目的】
     人間の身体に加わる様々な力を加速度として置き換え、運動の経過を観察し、加速度・速度・変位を分析し力と重心位置の移動について理解する。

    【実験方法1】
     ・ヒンズースクワット
    体重計の上に立ち、直立→膝関節屈曲(しゃがみこむ)→膝関節伸展(立ち上がる)という動作を行う。

    <相区分>
    1相:直立位
    2相:膝関節軽度屈曲位(直立位から膝関節屈曲位へ向かって下方への運動。)
    3相:膝関節屈曲位、体幹は軽度前傾している。
    4相:膝関節軽度屈曲位(しゃがみこんだ状態から直立位へ向かって上方への運動)
    5相:直立位

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【実験目的】
     人間の身体に加わる様々な力を加速度として置き換え、運動の経過を観察し、加速度・速度・変位を分析し力と重心位置の移動について理解する。
    【実験方法1】
     ・ヒンズースクワット
    体重計の上に立ち、直立→膝関節屈曲(しゃがみこむ)→膝関節伸展(立ち上がる)という動作を行う。
    <相区分>
    1相:直立位
    2相:膝関節軽度屈曲位(直立位から膝関節屈曲位へ向かって下方への運動。)
    3相:膝関節屈曲位、体幹は軽度前傾している。
    4相:膝関節軽度屈曲位(しゃがみこんだ状態から直立位へ向かって上方への運動)
    5相:直立位
    時間の経過を、1相:0秒、2相:0,5秒、3相:1秒、4相:1,5秒、5相:2秒とする。
     各相での体重を計測し、グラフに表す。体重=力=加速度と考え、加速度と時間をもとに変位をもとめる。
    <結果>
    1相:50.8kg
    2相:49.1kg
    3相:55kg
    4相:61kg
    5相:49kg
    体重=力の大きさとすると、1相から2相で一度力は小さくなる。そして3相でやや大きくなった後、4相で最大になる。そして5相でまた小さくなる。
     これをもとに速度の次元について計算する。
     速..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。