キレート滴定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数1,876
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本課題では、Mg2+とCa2+についてEDTA溶液を用いてキレート滴定を行った。操作1ではMg2+と Ca2+の溶液を調製した。操作2では操作1で調製した溶液中に含まれるMg2+の定量をおこなった。その結果Mg2+は0.0101 mol dm-3で、誤差は1.6% だった。操作3では操作1で調製した溶液中に含まれるCa2+の定量をおこなった。その結果Ca2+は0.00999 mol dm-3 で、誤差は0.5%だった。操作4と5で、混合溶液中のMg2+とCa2+の定量をおこなった。Ca2+は0.01004 mol dm-3で、Mg2+は0.01062 mol dm-3 だった。最後に操作6で市販のミネラルウォーターについて、Mg2+とCa2+の各濃度を求め、記載されている値と比較した。実験値ではCa2+は0.01184 mol dm-3で、Mg2+は0.003683 mol dm-3 だった。誤差はそれぞれ2.4 %、6.6 %となった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題2-2   キレート滴定
    提出者   
    実験期間  
    実験時間  
    要約
    本課題では、Mg2+とCa2+についてEDTA溶液を用いてキレート滴定を行った。操作1ではMg2+と Ca2+の溶液を調製した。操作2では操作1で調製した溶液中に含まれるMg2+の定量をおこなった。その結果Mg2+は0.0101 mol dm-3で、誤差は1.6% だった。操作3では操作1で調製した溶液中に含まれるCa2+の定量をおこなった。その結果Ca2+は0.00999 mol dm-3 で、誤差は0.5%だった。操作4と5で、混合溶液中のMg2+とCa2+の定量をおこなった。Ca2+は0.01004 mol dm-3で、Mg2+は0.01062 mol dm-3 だった。最後に操作6で市販のミネラルウォーターについて、Mg2+とCa2+の各濃度を求め、記載されている値と比較した。実験値ではCa2+は0.01184 mol dm-3で、Mg2+は0.003683 mol dm-3 だった。誤差はそれぞれ2.4 %、6.6 %となった。
    実験
    試薬の調製
    操作1で調製した溶液について
    Mg-溶液: 濃度0...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。