生物学基礎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数270
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生物基礎?
    課題?
     ペルム紀末の大量絶滅は、2億5140万年前に約100万年にわたり200〜300万立方キロに及ぶ噴出物が、シベリア中部の火山から放出されたことが引き金となった。陸上では、巨大な火山活動により、著しい酸素の消費による大気中の酸素分圧の低下や炭酸ガス濃度の上昇による地球温暖化が進んだというような急速な変化が原因となり大量絶滅が引き起こされたと考えられる。一方、この時期には、95%もの水生動物が失われている。これは、火山活動により大気中の温度が高くなると、その熱によりシベリア周辺の水温が上昇する。対流が北極や南極に向かって生じており、シベリア周辺の海水の熱は、北極や南極で冷やされる。しかし火山活動がさらに活発になると、水温がさらに上昇し、その熱により、北極や南極の水温も上昇するようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生物基礎Ⅱ
    課題①
     ペルム紀末の大量絶滅は、2億5140万年前に約100万年にわたり200~300万立方キロに及ぶ噴出物が、シベリア中部の火山から放出されたことが引き金となった。陸上では、巨大な火山活動により、著しい酸素の消費による大気中の酸素分圧の低下や炭酸ガス濃度の上昇による地球温暖化が進んだというような急速な変化が原因となり大量絶滅が引き起こされたと考えられる。一方、この時期には、95%もの水生動物が失われている。これは、火山活動により大気中の温度が高くなると、その熱によりシベリア周辺の水温が上昇する。対流が北極や南極に向かって生じており、シベリア周辺の海水の熱は、北極や南極で冷やされ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。