X線構造解析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,147
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    実験の目的:分子の機能は分子の三次元立体構造に基づいており、化学反応や生命現象を正しく理解するためには分子の三次元立体構造を詳細に知る事が重要である。X線構造解析は分子の三次元立体構造を知るための最も確実で強力な方法であり、その操作手順を理解する。


    実験の理論:X線を分子に照射すると、主に電子によってX線は散乱される。つまり、X線解析では、分子中の電子の分布を知ることになる。水素原子を除くと、電子はほとんど原子核に局在していると考えてよく、電子分布の上で、電子の密度の高いところに原子核があると判断してよい。原子番号の大きい原子の電子密度の高さは相対的に高くなるので、各原子がどのような元素であるかは、電子密度の高さから帰属できる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    実験の目的:分子の機能は分子の三次元立体構造に基づいており、化学反応や生命現象を正しく理解するためには分子の三次元立体構造を詳細に知る事が重要である。X線構造解析は分子の三次元立体構造を知るための最も確実で強力な方法であり、その操作手順を理解する。
    実験の理論:X線を分子に照射すると、主に電子によってX線は散乱される。つまり、X線解析では、分子中の電子の分布を知ることになる。水素原子を除くと、電子はほとんど原子核に局在していると考えてよく、電子分布の上で、電子の密度の高いところに原子核があると判断してよい。原子番号の大きい原子の電子密度の高さは相対的に高くなるので、各原子がどのような元素であるかは、電子密度の高さから帰属できる。
    実験器具:タウリンの結晶、定規、スパチュラ、ピンセット、ハート型ヤスリ、ねんど、
    ワックス棒、アロンアルファ、スライドガラス(2種)、ライター、試料ピン、
    ガラス棒
    実験装置:・X線回折計
           CCD回折計(1台)
           IP回折計(2台)
         ・X線発生器
           MoKα線
         ・光学顕微鏡
         ・解析ソフトウェア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。