「地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,051
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.地域福祉とは
    社会福祉という考えは、私たちの暮らしを人間らしく豊かにしていくために、「助ける」「助けられる」という行為を「助け合う」つまり相互扶助の関係を築く仕組みとして人間の生活しのなかで創り出されたものである。しかし、他者との関係が希薄な現代、生活する上で相互扶助による地域福祉活動によって支えられていることを忘れがちである。その中で地域福祉とはどのようなものであるかを歴史的背景から述べていきたい。
    (1)地域福祉登場の歴史と背景
     地域福祉の考え方には、欧米のノーマライゼーション、コミュニティ・ケアや公民権運動などの思想の影響を受けて発達してきたが、わが国特有の地域福祉の理念は、1970年ごろから徐々に登場し、理念として整理されてきた。地域福祉の源流は、大正7年(1918)年大阪での「方面委員制度」やセツルメント運動などとされ、各地において様々な活動が展開されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ」
    1.地域福祉とは
    社会福祉という考えは、私たちの暮らしを人間らしく豊かにしていくために、「助ける」「助けられる」という行為を「助け合う」つまり相互扶助の関係を築く仕組みとして人間の生活しのなかで創り出されたものである。しかし、他者との関係が希薄な現代、生活する上で相互扶助による地域福祉活動によって支えられていることを忘れがちである。その中で地域福祉とはどのようなものであるかを歴史的背景から述べていきたい。
    (1)地域福祉登場の歴史と背景
     地域福祉の考え方には、欧米のノーマライゼーション、コミュニティ・ケアや公民権運動などの思想の影響を受けて発達してきたが、わが国特有の地域福祉の理念は、1970年ごろから徐々に登場し、理念として整理されてきた。地域福祉の源流は、大正7年(1918)年大阪での「方面委員制度」やセツルメント運動などとされ、各地において様々な活動が展開されている。
     戦後の日本の社会福祉は、1970年ごろまでは、経済的貧困に対する金銭的給付が中心であり、福祉事務所における生活保護制度中心の時代で..

    コメント3件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:57 (10年2ヶ月前)

    LOTO6 購入
    参考になりました
    2007/06/05 23:36 (9年6ヶ月前)

    東福大卒業 購入
    参考になりました
    2007/09/21 17:17 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。