「犯罪者処遇の権力作用と刑罰や矯正教育の効果について述べよ」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数491
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.現行の犯罪者処遇の概要
    犯罪・非行行為とは、その社会の構成員が等しく認め合う規範に基づき形成された法律を犯す行為である。その行為は、社会秩序、治安を乱し、社会の構成員の生命危機をも招くのである。社会は、公権力を行使し、犯罪者・非行者の行動を干渉し、その社会の持つ規範を維持しなければならない。それが、社会における安定と発展のための要素である。その公権力を背景とした犯罪者・非行者への干渉が、犯罪者処遇である。
    公権力による犯罪者処遇の目的には、?社会の安定、秩序の維持。?犯罪者・非行者にその社会規範の習得を行うこと。?犯罪者・非行者の社会復帰、社会参加への援助等がある。このことは同時に、公共と個人との福祉の維持・発展を意味し、犯罪者個々人に着目した再犯予防策としての犯罪者処遇には、社会防衛的視点が強いといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「犯罪者処遇の権力作用と刑罰や矯正教育の効果について述べよ」
                               
    1.現行の犯罪者処遇の概要
    犯罪・非行行為とは、その社会の構成員が等しく認め合う規範に基づき形成された法律を犯す行為である。その行為は、社会秩序、治安を乱し、社会の構成員の生命危機をも招くのである。社会は、公権力を行使し、犯罪者・非行者の行動を干渉し、その社会の持つ規範を維持しなければならない。それが、社会における安定と発展のための要素である。その公権力を背景とした犯罪者・非行者への干渉が、犯罪者処遇である。
    公権力による犯罪者処遇の目的には、①社会の安定、秩序の維持。②犯罪者・非行者にその社会規範の習得を行うこと。③犯罪者・非行者の社会復帰、社会参加への援助等がある。このことは同時に、公共と個人との福祉の維持・発展を意味し、犯罪者個々人に着目した再犯予防策としての犯罪者処遇には、社会防衛的視点が強いといえる。
     犯罪者処遇に病気の治療をモデルとした改善処遇をあてはめると、犯罪・非行の負因の除去・軽減を基本に、犯罪に陥ることなく社会生活を営む手段を考え、本人の回復力を基..

    コメント2件

    yoshinori 購入
    good
    2007/01/11 22:12 (9年11ヶ月前)

    mirai0903 購入
    参考になりました。
    2007/10/05 12:23 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。