「生存権の日本国民憲法における保障について述べよ」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,368
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.はじめに
    (1)生存権の定義
    「生存権」は、人間として最低限の生活を営む権利、またそのことを国民が国家に対して社会保障などを要求できる権利のことである。それは日本国憲法第25条により「?すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。?国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と定められている。そして、多くの国が憲法で生存権の保障を定めている。これは、社会の仕組みにも原因がある経済的弱者を救うのは社会の責任だという「社会連帯思想」の考えに基づき、20世紀になって権利として確立したのである。生存権の保障は、社会権の中でも最も基本的な規定である。
    (2)沿革
    生存権は、1919年ドイツのワイマール憲法により社会保障として規定されたものである。
    20世紀以前における18世紀後半から19世紀前半の「産業資本主義」、19世紀後半の「独占資本主義」による自由経済の活発化に伴う労働者の長時間労働、低賃金などの労働条件に陥っている社会的弱者や普通選挙権の保護、貧富の差解消のため社会権が認められたのである。これを「作為請求」という。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生存権の日本国民憲法における保障について述べよ」
      1. はじめに
    (1)生存権の定義
     「生存権」は、人間として最低限の生活を営む権利、またそのことを国民が国家に対して社会保障などを要求できる権利のことである。それは日本国憲法第25条により「①すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。②国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と定められている。そして、多くの国が憲法で生存権の保障を定めている。これは、社会の仕組みにも原因がある経済的弱者を救うのは社会の責任だという「社会連帯思想」の考えに基づき、20世紀になって権利として確立したのである。生存権の保障は、社会権の中でも最も基本的な規定である。
    (2)沿革
    生存権は、1919年ドイツのワイマール憲法により社会保障として規定されたものである。
    20世紀以前における18世紀後半から19世紀前半の「産業資本主義」、19世紀後半の「独占資本主義」による自由経済の活発化に伴う労働者の長時間労働、低賃金などの労働条件に陥っている社会的弱者や普通選挙権の保護、貧富の差..

    コメント3件

    merumo 購入
    内容はよっかたのですが、購入ポイントが高いのではないかと…。
    2006/11/19 21:17 (10年前)

    17chu05ku 購入
    参考になりました。
    2007/01/07 18:25 (9年11ヶ月前)

    haruna330 購入
    参考になった
    2007/02/07 13:00 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。