「乳幼児の心理についてまとめよ。」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数760
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.乳児の特徴
    生まれて間もない乳児は、眠って泣いて授乳を受ける。他の哺乳類は、生後すぐに自力で立ち、母乳を飲む行動を起こすのに対し人間の乳児は、ほとんど眠っており、自分では何もできないように見えるが、実は様々な可能性を持っている。生後1年に満たない乳児期の赤ん坊は、一方の環境からの働きかけを受け取るだけでなく、環境に働きかけるだけでなく、環境と相互に働きかけを行うことによって知識を作り上げ、環境に適応していくのである。しかし、乳児期の子どもは、イメージを思い浮かべたり、言葉を使って考えたりできなく、目に見えないものや実際に体験していないことに対しては認識ができない状態である。 
    そのためピアジェは、この時期を「感覚運動的段階」と呼んでいる。この段階は、言語などの機能が働く以前であり、視覚、聴覚、触覚、と全身の運動を供応させながら、環境に適応していく時期である。つまり、寝てばかりに見える乳児もプレヒトルに拠れば「新生児はステイトの“安静でアラート”の状態で目を大きく開けて静かに外界を注視し・情報をとりいれ・物や人に対する認識を促進している」というわけである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「乳幼児の心理についてまとめよ。」
    乳児の特徴
    生まれて間もない乳児は、眠って泣いて授乳を受ける。他の哺乳類は、生後すぐに自力で立ち、母乳を飲む行動を起こすのに対し人間の乳児は、ほとんど眠っており、自分では何もできないように見えるが、実は様々な可能性を持っている。生後1年に満たない乳児期の赤ん坊は、一方の環境からの働きかけを受け取るだけでなく、環境に働きかけるだけでなく、環境と相互に働きかけを行うことによって知識を作り上げ、環境に適応していくのである。しかし、乳児期の子どもは、イメージを思い浮かべたり、言葉を使って考えたりできなく、目に見えないものや実際に体験していないことに対しては認識ができない状態である。 
    そのためピアジェは、この時期を「感覚運動的段階」と呼んでいる。この段階は、言語などの機能が働く以前であり、視覚、聴覚、触覚、と全身の運動を供応させながら、環境に適応していく時期である。つまり、寝てばかりに見える乳児もプレヒトルに拠れば「新生児はステイトの“安静でアラート”の状態で目を大きく開けて静かに外界を注視し・情報をとりいれ・物や人に対する認識を促進している」というわけであ..

    コメント1件

    mukumuku 購入
    参考になりました
    2006/12/02 12:29 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。