「生活習慣病について述べよ。」

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数412
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 生活習慣病
    生活習慣病とは、生活習慣の改善が重要な要素となる病気を呼び「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」であり、癌、虚血性心臓病、脳血管疾患、高血圧、糖尿病、動脈硬化性疾患、アルコールによる肝障害、肥満、高脂血症、高尿酸血症(痛風)などが具体的な疾患である。また、これらのうち癌、心臓病、脳血管疾患が死因の上位を占めている。この「生活習慣病」という言葉は、以前は「成人病」と称されており、その定義は「成人病とは主として、脳卒中、ガンなどの悪性腫瘍、心臓病などの40歳前後から急に死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも高位を占め、40〜60歳位の働き盛りに多い疾患を考えている」「壮年期以降にかかる病気」とされている。しかし、近年においてこれらの疾患が若年層にも多く見られ、さらに発症・進行の抑制には、生活習慣の改善が有効であることが明らかにとなったのである。つまり、「成人病」とされていた疾患は加齢に伴う発症・進行ではなく、生活習慣が要因となる疾患であるという認識の下、「生活習慣病」と改称されたのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生活習慣病について述べよ。」
    1 生活習慣病
    生活習慣病とは、生活習慣の改善が重要な要素となる病気を呼び「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」であり、癌、虚血性心臓病、脳血管疾患、高血圧、糖尿病、動脈硬化性疾患、アルコールによる肝障害、肥満、高脂血症、高尿酸血症(痛風)などが具体的な疾患である。また、これらのうち癌、心臓病、脳血管疾患が死因の上位を占めている。この「生活習慣病」という言葉は、以前は「成人病」と称されており、その定義は「成人病とは主として、脳卒中、ガンなどの悪性腫瘍、心臓病などの40歳前後から急に死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも高位を占め、40~60歳位の働き盛りに多い疾患を考えている」「壮年期以降にかかる病気」とされている。しかし、近年においてこれらの疾患が若年層にも多く見られ、さらに発症・進行の抑制には、生活習慣の改善が有効であることが明らかにとなったのである。つまり、「成人病」とされていた疾患は加齢に伴う発症・進行ではなく、生活習慣が要因となる疾患であるという認識の下、「生活習慣病」と改称されたのである。そして..

    コメント4件

    tera 購入
    まとまっていてよかった
    2006/11/21 0:59 (10年前)

    lethalweapon 購入
    参考になりました。ありがとうございました。
    2006/12/16 9:24 (10年前)

    ty0628 購入
    参考になりました
    2007/10/28 13:09 (9年1ヶ月前)

    6orange6 購入
    参考になりました。
    2007/11/04 16:21 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。