「医療保険制度の概要について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数637
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    医療保険の目的とは、被保険者(被扶養者)の業務外の事由による負傷、疾病、志望、分娩に関し、保険給付を行い、生活の安定に寄与する(健保法大1条、国保法第1条)である。
    1 医療保険制度の現状
    医療保険制度とは、疾病という賦課時綱事故に備えて、危険負担を集団で社会的に行う仕組みであり、個人ではその損失を負担しきれない危険について集団で平均化しようとするシステム体制のことである。
    日本では、1961年に、国民全てがいずれかの医療保険制度に強制加入する「国民皆保険」のシステムをとっている。医療保険制度を保険集団の形成において大きく類型すると、職業形態、同種の職業のものに着目する職域保険か、同一の地域内の住所に着目する地域保険に分けることが出来る。職域保険は、さらに被用者保険と自営業者保険組合に分類され、地域保健である国民健康保険は、1つの行政単位が保険集団をなし、市町村が保険者となり医療保険が運営されている。
    被用者保険は、サラリーマンを対象とする医療保険であり、一般の被用者を対象とするものと、特定の職種の被用者を対象とするものに分けられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「医療保険制度の概要について」
     医療保険の目的とは、被保険者(被扶養者)の業務外の事由による負傷、疾病、志望、分娩に関し、保険給付を行い、生活の安定に寄与する(健保法大1条、国保法第1条)である。
    1 医療保険制度の現状
     医療保険制度とは、疾病という賦課時綱事故に備えて、危険負担を集団で社会的に行う仕組みであり、個人ではその損失を負担しきれない危険について集団で平均化しようとするシステム体制のことである。
     日本では、1961年に、国民全てがいずれかの医療保険制度に強制加入する「国民皆保険」のシステムをとっている。医療保険制度を保険集団の形成において大きく類型すると、職業形態、同種の職業のものに着目する職域保険か、同一の地域内の住所に着目する地域保険に分けることが出来る。職域保険は、さらに被用者保険と自営業者保険組合に分類され、地域保健である国民健康保険は、1つの行政単位が保険集団をなし、市町村が保険者となり医療保険が運営されている。
     被用者保険は、サラリーマンを対象とする医療保険であり、一般の被用者を対象とするものと、特定の職種の被用者を対象とするものに分けられる。健康保険は、..

    コメント2件

    yoshinori 購入
    参考にします。
    2007/05/09 22:33 (9年7ヶ月前)

    ty0628 購入
    参考になりました。
    2007/07/02 15:09 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。