「産業革命期の労働問題と労働運動および社会政策について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数886
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 産業革命
    産業革命は、18世紀後半に資本の蓄積、市場、労働力、資源等の条件に恵まれたイギリスにより始まり、19世紀には欧米諸国へと拡大した産業における急速な技術革新のことである。
    それは、生産の仕組みが小規模な手工業から動力と機械を使う大規模な工場制機械工場に変化し、それに伴い社会構造や経済が大きく様変わりしたのである。
    産業革命がイギリスを出発点となった背景には次のようなことが挙げられる。
    ?植民地争いによる勝利し、広大な海外市場を獲得するとともに、植民地貿易により莫大な富の蓄積と奴隷制による労働者の確保がなされたこと。
    ?国内においても毛織物工業を中心としたマニュファクチュアが発達し、大量の資本が蓄積されていたこと。
    ?産業革命と囲い込み運動による土地を失った農民が労働者となり豊富な労働力の確保がなされ、科学や技術の発達が工業技術に応用する条件が整っていたこと。
    ?国内において鉄・石炭という資源が豊富にあり、産業規制が少なく政治的条件に恵まれていたこと。
    ?いち早く市民革命が達成され産業の自由な発展が図られていたことなどが挙げられる。これらのような「偶然的」要素が重なり合いイギリスの産業革命が発生したものと考えられることが一般的である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「産業革命期の労働問題と労働運動および社会政策について述べよ」
    1 産業革命
     産業革命は、18世紀後半に資本の蓄積、市場、労働力、資源等の条件に恵まれたイギリスにより始まり、19世紀には欧米諸国へと拡大した産業における急速な技術革新のことである。
    それは、生産の仕組みが小規模な手工業から動力と機械を使う大規模な工場制機械工場に変化し、それに伴い社会構造や経済が大きく様変わりしたのである。
    産業革命がイギリスを出発点となった背景には次のようなことが挙げられる。
    ①植民地争いによる勝利し、広大な海外市場を獲得するとともに、植民地貿易により莫大な富の蓄積と奴隷制による労働者の確保がなされたこと。
    ②国内においても毛織物工業を中心としたマニュファクチュアが発達し、大量の資本が蓄積されていたこと。
    ③産業革命と囲い込み運動による土地を失った農民が労働者となり豊富な労働力の確保がなされ、科学や技術の発達が工業技術に応用する条件が整っていたこと。
    ④国内において鉄・石炭という資源が豊富にあり、産業規制が少なく政治的条件に恵まれていたこと。
    ⑤いち早く市民革命が達成され産業の自由な発展が図られていた..

    コメント1件

    misogohan16 購入
    参考になりました
    2006/10/27 14:33 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。