騒音・電磁波・紫外線測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数826
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    [目的]
    騒音とは望ましくない音で、日常生活に関係の深い環境因子である。ある音が騒音かどうかは人の主観的な判断によるものなので、ある人にとって好ましい音であっても、他の人にとっては騒音と認識されることもある。
    生理的な影響(聴力障害、睡眠障害等)、心理的な影響(会話障害、作業効率低下等)、社会的な影響(地価の低下等)を調べるために、等価騒音レベルと時間率騒音レベルの測定を行った。
    〈等価騒音レベル〉
    時間とともに変動する騒音(非定常音)について、一定期間の平均的な騒音の程度を表す指標のひとつ。通常、騒音レベルは時間とともに変動するため、その評価にあたっては、一定の測定時間内でこれに等しい平均2乗音圧を与える連続定常音の騒音レベルを使用している。騒音に係る環境基準は、従来は騒音レベルの中央値(L50)で評価していたが、1998年に「平成10年環境省告示64号」により改正され、1999年4月より等価騒音レベル(Leq)で評価することになった。
    〈時間率騒音レベル〉
    時間率騒音レベルとは、ある測定時間内に騒音レベルが変動した場合、あるレベルを超えている時間が実測時間のX%を占めるとき、そのレベルをLxの表記記号で表したもの。時間率騒音レベルを測定することにより、騒音レベルが不規則でまた大幅に変動する環境を評価することが可能になる。L₅₀は中央値,L5は90%レンジ上端値,L95は90%レンジ下端値などと言う。工場・事業場騒音と自動車騒音について適応され、鉄道騒音及び建設作業騒音には適用されない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    騒音測定
    [目的]
    騒音とは望ましくない音で、日常生活に関係の深い環境因子である。ある音が騒音かどうかは人の主観的な判断によるものなので、ある人にとって好ましい音であっても、他の人にとっては騒音と認識されることもある。
    生理的な影響(聴力障害、睡眠障害等)、心理的な影響(会話障害、作業効率低下等)、社会的な影響(地価の低下等)を調べるために、等価騒音レベルと時間率騒音レベルの測定を行った。
    〈等価騒音レベル〉
    時間とともに変動する騒音(非定常音)について、一定期間の平均的な騒音の程度を表す指標のひとつ。通常、騒音レベルは時間とともに変動するため、その評価にあたっては、一定の測定時間内でこれに等しい平均2乗音圧を与える連続定常音の騒音レベルを使用している。騒音に係る環境基準は、従来は騒音レベルの中央値(L50)で評価していたが、1998年に「平成10年環境省告示64号」により改正され、1999年4月より等価騒音レベル(Leq)で評価することになった。
    〈時間率騒音レベル〉
    時間率騒音レベルとは、ある測定時間内に騒音レベルが変動した場合、あるレベルを超えている時間が実測時間のX%を占めると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。