生命倫理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,622
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生命倫理レポート
    積極的安楽死が容認されるかどうかについて、僕の考えでは容認されるという考えに賛成する。
    なぜなら、例えば、仮に積極的安楽死が容認されないとする。論文にも述べられていたように、不治の咽頭がんにおかされた患者がいるとする。さらに、治療をせずに過ごせば数日のうちに確実に死に至るであろうが、治療をすれば延命は出来るものの、死からは逃れられない。このような状況におかれている人物がひどい痛みに苦しんでいる。そのひどい痛みから、患者は残された日々を生きることを望んでいない。
    このような場合、医師が治療を続け、出来る限りの延命措置を行う、あるいは消極的安楽死を行い治療をやめ、数日の間に死ぬに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。