垂直統合

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数2,803
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    垂直統合とは、製品を市場に供給するために必要な業務や生産工程の段階を社内に取り込んで、企業活動の範囲を拡張することです。企業は生産や販売へと自社のコントロールの範囲を広げることで、様々な競争の手段を持つことができます。また、生産や販売との一体化によって、経営効率を上げることができます。
    垂直的統合のメリットとデメリット
    メリット・・・規模の経済性をクリアできれば、研究開発・生産・販売・管理などの諸機能の共同化によるコストの削減、顧客ニーズに関する情報メリット
    デメリット…参入コスト(設備コスト)
    管理費の増加
    取引相手を変えないことによる競争地位の低下
    社内取引になることで競争感覚・業績感覚が麻痺する
    トヨタが行う垂直的統合
    自動車会社は様々な原材料や部品を加工・組み立てをして自動車を造る段階を担います。しかし、上流にはシートやタイヤ・ヘッドランプやカーステレオなどの部品を生産、供給する段階があります。下流にはディーラーという販売会社があり、メンテナンスサービスのための修理会社もあります。日本の自動車会社の場合、これらの諸段階はそれぞれ産業として独立している。これら一連のどの段階を事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。