リスクマネージメント

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数1,286
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    MK5062 矢田 昌士
    リスクマネジメント
    今回はリスクマネジメントの仕組みとその流れについて説明していきたいと思います。
    ご存知の通り、リスクマネジメントとはもともと欧米で発達してきた経営管理手法です。日本では最近まで「水と安全はタダ」といわれるほど治安水準が高かったため、注目を浴びることは少なかったのですが、年々その「安全神話」の崩壊と共に、必要性が高まっています。 特に1995年の阪神・淡路大震災の後、2000年に多発した大事故や傷害事件など、社会に大きな影響を及ぼす大事件や事故が多発してからは、企業や個人を取り巻く様々なリスクを分析し、適切な対策を講じることの必要性は年々高まっています。そこでまずリスク分析していく上での手順を紹介していきたいと思います。
    まず、第一に「リスクの発見」があります。これには次のようなポイントがあります。
    ・先入観にとらわれず、組織に関わるすべてのリスクを対象にする。 ・組織の関係者からの要請や法的要求事項などを考慮しながら行なう。 ・損失発生のメカニズム(ハザード→ペリル→ロス)を理解し、事故そのもの(ペリル)だけを捉えるのではなく、その結果(ロス)と要因(ハザード)についても洗い出す。 ・リスク情報の提供者には不利益が及ばないよう配慮する。
    以上のような点を意識しながらリスク発見を行うことが組織にとっては重要です。
     次に「リスクの特定」です。これは発見されたリスクの中から、組織に重大な結果をもたらすと思われるものと、重大性の判断が困難なものを選定する作業です。簡単に言えば、組織の不確実性に対するエキスポージャーを特定することです。
     次に「リスクの算定」です。リスクの算定とは特定したリスクに対して、リスクの発生確率およびリスクが顕在化した場合の影響の大きさを、定量的または定性的に把握するものです。この作業は、リスク評価の手がかりとするためのものです。リスク算定には、シナリオ分析法、シミュレーション、リスクマトリクスなどを活用する方法があります。
     最後に「リスクの評価」です。リスクの評価とはリスク算定の結果を、あらかじめ作成したリスク基準に照らして組織として新たに対策を実施すべきリスクを明らかにするとともに、リスク対応の優先順位を定めるものです。特定したリスクの中で特に対策が必要でないと判断したものについては、その理由およびリスクの監視方法について文書化し、記録しておくことが望ましいです。
    以上がリスクマネジメントの大まかな手順です。ここからは今あげた「リスクの発見」、「リスクの特定」、「リスクの算定」、「リスクの評価」のそれぞれについて詳しく説明していきたいと思います。
    まず「リスクの発見」についてですが、リスクの発見・確認をするうえで重要なことは、自社の業務内容を正確に把握したうえで存在するリスクを漏れなく探し出し、見逃さないようにすることです。
     近年、技術革新や企業活動のグローバル化等に伴い、企業をとりまくリスクは、複雑化・
    多様化しており、従来予想されなかったリスクが発生することも想定されます。当然のことながら見逃されたリスクに対応する手段がとられなかった場合には、発生する損害のすべてについて企業が負担することになります。リスクの洗い出しを行う際には、災害に関する資料や同業他社の事故事例などを参考にし、考えられ得るリスクをリストアップしたチェックリストを活用したり、生産工程・販売・流通経路等の企業活動の流れを表したフローチャートや財務諸表、各種契約書等から必要な情報を入手する方法が一般的です。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    MK5062 矢田 昌士
    リスクマネジメント
    今回はリスクマネジメントの仕組みとその流れについて説明していきたいと思います。
    ご存知の通り、リスクマネジメントとはもともと欧米で発達してきた経営管理手法です。日本では最近まで「水と安全はタダ」といわれるほど治安水準が高かったため、注目を浴びることは少なかったのですが、年々その「安全神話」の崩壊と共に、必要性が高まっています。 特に1995年の阪神・淡路大震災の後、2000年に多発した大事故や傷害事件など、社会に大きな影響を及ぼす大事件や事故が多発してからは、企業や個人を取り巻く様々なリスクを分析し、適切な対策を講じることの必要性は年々高まっています。そこでまずリスク分析していく上での手順を紹介していきたいと思います。
    まず、第一に「リスクの発見」があります。これには次のようなポイントがあります。
    ・先入観にとらわれず、組織に関わるすべてのリスクを対象にする。 ・組織の関係者からの要請や法的要求事項などを考慮しながら行なう。 ・損失発生のメカニズム(ハザード→ペリル→ロス)を理解し、事故そのもの(ペリル)だけを捉えるのではなく、その結果(ロ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。