演習 I 期末課題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数344
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    回帰分析
    与えられデータは、米国のあるハンバーガー・チェーンの52週にわたる、売上高 (receipts、単位:1000ドル)と、ハンバーガー1個あたりの価格 (price、単位:ドル) と、広告費 (advertising、単位1000ドル) とを表したものである。
    ハンバーガーの売り上げは、その価格と広告費の大きさに依存して決まると考えられる。そこで、ハンバーガーの売り上げを被説明変数とし、価格と広告費を説明変数として、回帰分析を行いなさい。
    得られた結果が統計的にどの程度望ましいか、各係数についてt検定を行いなさい。また、各係数の95%信頼区間を求め、その結果の解釈を述べなさい。
    t検定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。