日本最大のレポートサイト HAPPYCAMPUS

検索オプション
  • 私のホーム
  • 私の資料
  • 管理ツール
  • 資料広場
  • アップロード

満州移民

全体公開
ダウンロードpdfダウンロード
ページ数6
閲覧数875
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    飯田下伊那は、戦時中は当時の「満州」に全国で最大級の移民を送り出しました。いくつかの村は、村民を二つに分けて、その一つを満州に送る「分村移民」という形さえとりました。満州移民の送出数は長野県が三万七千人ともっとも多く、二番目の一万七千人の山形県を大きく引き離しています。その長野県の中でも県南部の飯田下伊那が最大数の満州移民を送り出しました。そして、飯田下伊那のなかでも各町村の満州移民送出数には大きな違いがあり、上久堅村、千代村、清内路村、川路村、泰阜村、河野村などが多くの満州移民を送っています。
     満州に移民を送ったのはすでに半世紀以上前ですが、現在もこの地域に影響を与えています。満州移民を考えることは、過去だけでなく、現在にも、他の地域にもつながります。このためには実際に多くの人を満州に送り出した一九四〇年代前半だけでなく、一九二〇年代まで、飯田下伊那だけでなく、世界にまで視野を広げる必要があります。
    第一章
     一九二〇年代、アメリカの好況と女性のファッションの変化は、遠く飯田下伊那の社会や経済にも影響を与えました。飯田下伊那は生糸を通してアメリカ経済に結びつき、養蚕に専念する農業も現れたり、消費が拡大したりしましたが、この状況は地域によって違いました。
     一九二九年の世界恐慌は、この地域に大きな衝撃を与えました。恐慌によって下層の農民は大きな打撃を受け、一方、地主は所有地を拡大しました。その間に位置する中農層は没落の危機に直面史、激しくゆれ動いたのです。地域的には、養蚕に生計の多くをゆだねることころにおいてとくに打撃は大きかったのでした。そして、経済更生運動の分村計画指定村になることによって与えられる補助金で、この状況から立ち上がろうとする村も多かったのでした。これには、満州移民を推進しようとした人々の間に、満州の状況に対する楽観的な見通しがあったのでしょう。当時は、満州に関する報道は統制されており、ゆがめられた形でしか日本に入ってきていなかったのです。そして、実際に満州に移民を送り出す頃には、景気は回復しつつありました。
     満州分村移民の経験は、私たちにいろいろなことを教えてくれます。地域を支える産業のあり方、報道の自由の大切さ、地域の状況を正確につかむ必要性など、現在の私たちも考えるべき点が数多くあります。
     満州移民は飯田下伊那だけの問題ではありません。養蚕は、飯田下伊那ほどではないにしても日本の多くの地域で行われていましたし、飯田下伊那、長野県以外でも満州移民を多く送出した地域もあります。こうした状況が、飯田下伊那でもっとも量的に多い形で現れたのです。
    第二章
    飯田下伊那には「満州へ行くことは名誉なこと」という雰囲気が社会にも学校の中にも漂っていました。信濃教育界は他県と較べ義勇軍の送出に力を入れていました。そのもとにあった下伊那教育会はその命令を忠実に守りました。しかも下伊那の先生は「満チキ」1と呼ばれるほど熱心でした。学問を教える責務のある教師は、周りの動静に気をとられ世界の歴史、日本の歴史、当時日本の置かれている情勢を教えず、多くの少年を送り出してしまったのです。子供たちは身近な校長先生から受けて拓務訓練により義勇軍行きを決意したのです。下伊那教育では全国一の義勇軍送出達成に誇りをもち公表していました。農業開拓者もそうでした。国際を県、群、村が「満州へ行くことはお国のためになる」と強力に推進し、割当数を増やしもらい、消化していったのです。この二つの動因を可能にさせたものは何だったのでしょう。飯田下伊那には江戸時代末期から平田国学

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    飯田下伊那は、戦時中は当時の「満州」に全国で最大級の移民を送り出しました。いくつかの村は、村民を二つに分けて、その一つを満州に送る「分村移民」という形さえとりました。満州移民の送出数は長野県が三万七千人ともっとも多く、二番目の一万七千人の山形県を大きく引き離しています。その長野県の中でも県南部の飯田下伊那が最大数の満州移民を送り出しました。そして、飯田下伊那のなかでも各町村の満州移民送出数には大きな違いがあり、上久堅村、千代村、清内路村、川路村、泰阜村、河野村などが多くの満州移民を送っています。
     満州に移民を送ったのはすでに半世紀以上前ですが、現在もこの地域に影響を与えています。満州移民を考えることは、過去だけでなく、現在にも、他の地域にもつながります。このためには実際に多くの人を満州に送り出した一九四〇年代前半だけでなく、一九二〇年代まで、飯田下伊那だけでなく、世界にまで視野を広げる必要があります。
    第一章
     一九二〇年代、アメリカの好況と女性のファッションの変化は、遠く飯田下伊那の社会や経済にも影響を与えました。飯田下伊那は生糸を通してアメリカ経済に結びつき、養蚕に専念する農業も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告