日本語の仕組み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数650
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本語の接頭辞と接尾辞の役割について考えてみたいと思います。まず、接頭辞について考えてみたいと思います。接頭辞とは、接辞に一つで、語の前につけて、文法上の変化をもたらしたり(屈折接頭辞)、意味を付け加えたりする(派生接頭辞)ものです。例えば、「さ迷う」「ご親切」「亜熱帯」「不機嫌」などの言葉の「さ」や「ご」や「亜」や「不」は接頭辞です。「さ迷う」は「さ」をつけることにより、迷うよりも強い意味になります。「ご親切」は「ご」をつけることにより、親切を丁寧に言うことができます。「亜熱帯」は「亜」をつけることによって、おおよそ緯度20度から30度までの範囲と場所を特定することができます。「不機嫌」は「不」をつけることによって、機嫌が悪いというまったく異なった意味にすることができるのです。これが、接頭辞の役割です。次に接尾辞について考えてみたいと思います。接尾辞とは、接辞の一つで、語の末尾につけて、意味を加えたり品詞を変化させたり(派生接尾辞)、丁寧さや数など文法上の変化をもたらしたりする(屈折接尾辞)ものです。「深さ」「絶対的」「殿さま」「僕たち」などの言葉の「さ」や「的」や「さま」や「たち」が接尾辞です。「深さ」は形容詞の深いの「い」を「さ」に変えることによって名詞に変わった言葉です。「絶対的」の「的」はつけることによって、大きく意味が変わることはありませんが、少しニュアンスが変わります。「殿さま」は「さま」をつけることで、殿を敬った言い方をすることができます。「僕たち」は「たち」をつけることによって人数を増やすことができます。これが接尾辞の役割です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.日本語の接頭辞と接尾辞の役割について考えてみたいと思います。まず、接頭辞について考えてみたいと思います。接頭辞とは、接辞に一つで、語の前につけて、文法上の変化をもたらしたり(屈折接頭辞)、意味を付け加えたりする(派生接頭辞)ものです。例えば、「さ迷う」「ご親切」「亜熱帯」「不機嫌」などの言葉の「さ」や「ご」や「亜」や「不」は接頭辞です。「さ迷う」は「さ」をつけることにより、迷うよりも強い意味になります。「ご親切」は「ご」をつけることにより、親切を丁寧に言うことができます。「亜熱帯」は「亜」をつけることによって、おおよそ緯度20度から30度までの範囲と場所を特定することができます。「不機嫌」は「不」をつけることによって、機嫌が悪いというまったく異なった意味にすることができるのです。これが、接頭辞の役割です。次に接尾辞について考えてみたいと思います。接尾辞とは、接辞の一つで、語の末尾につけて、意味を加えたり品詞を変化させたり(派生接尾辞)、丁寧さや数など文法上の変化をもたらしたりする(屈折接尾辞)ものです。「深さ」「絶対的」「殿さま」「僕たち」などの言葉の「さ」や「的」や「さま」や「た..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。