ドメスティックバイオレンスと心のケア

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数581
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    まず、DV(ドメステイック・バイオレンス)は、夫や恋人、パートナーなど「親密な」関係にある男性から女性に対してふるわれる暴力のことである。日本では夫婦間の暴力と言われているがアメリカなどでは子どもへの暴力なども含む。DVでいう暴力では、殴る、けるなどの身体的暴力だけでなく、言葉や身振りによる脅かし、人格をおとしめる言葉、外出や対外的交際を禁ずる社会的隔離、生活費を渡さないなどの経済的虐待、好まない性交渉を求める性的暴力・・・など女性の身体や心の安全や尊厳を脅かす力の行使がある。社会的、肉体的、経済的に立場の強い男性が、弱い立場の女性を力により支配しようとする行為であり、これは女性の生きる力を弱め、人間としての尊厳を奪ってしまう人権侵害であり、犯罪だ。
    そういった暴力が心身に影響を及ぼす。はじめは心身の不調だが、恐怖感、無力感、自信喪失、絶望に覆われる。つまり、その人が本来持っていたはずの力が奪われてしまう。そして、医学的にはうつ病、解離性障害、パニック性障害などとして現れる。このようなことが子供に与える影響も大きい。
    女性がそれから逃れたいと思っても、離婚を希望しない人が少なくない。相談するのが恥ずかしい、相談しても共感してもらえない。あなたのやり方が悪い、わがままだと言われる。・・・という現状から、暴力の背景として社会的要因が見えてくる。女性の人権の軽視、また、女性の経済的自立の困難が現実としてあるのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「DVと心のケア」
    まず、DV(ドメステイック・バイオレンス)は、夫や恋人、パートナーなど「親密な」関係にある男性から女性に対してふるわれる暴力のことである。日本では夫婦間の暴力と言われているがアメリカなどでは子どもへの暴力なども含む。DVでいう暴力では、殴る、けるなどの身体的暴力だけでなく、言葉や身振りによる脅かし、人格をおとしめる言葉、外出や対外的交際を禁ずる社会的隔離、生活費を渡さないなどの経済的虐待、好まない性交渉を求める性的暴力・・・など女性の身体や心の安全や尊厳を脅かす力の行使がある。社会的、肉体的、経済的に立場の強い男性が、弱い立場の女性を力により支配しようとする行為であり、これは女性の生きる力を弱め、人間としての尊厳を奪ってしまう人権侵害であり、犯罪だ。
    そういった暴力が心身に影響を及ぼす。はじめは心身の不調だが、恐怖感、無力感、自信喪失、絶望に覆われる。つまり、その人が本来持っていたはずの力が奪われてしまう。そして、医学的にはうつ病、解離性障害、パニック性障害などとして現れる。このようなことが子供に与える影響も大きい。
    女性がそれから逃れたいと思っても、離婚を希望しな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。