★理学療法・作業療法実習対策レポート★膀胱の基礎知識・機能・解剖について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数339
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    膀胱の基礎知識・機能・解剖について
     膀胱は…
    尿路の経過中にある嚢状で,
    筋性の中空性臓器である。
    小骨盤下部の最前部(恥骨
    結合の後側)で腹膜直下に
    位置。
        男性:直腸の前
        女性:子宮と腟の前
    左右の尿管から尿を受け貯
    留し,一定の量に達すると,
    これを排泄させる器官である。
    (容量:700~800ml)
    形状・大きさ・膀胱壁の厚さ
    は,尿量によって著しく変化
    する。
     空虚時(収縮時):ほぼ球状で小さい。
    (直径3cm)
     中等度(尿量):上方の尖った卵形。
     中等度以上:上端部の広い球形。
      ◆形状
       膀胱は,前上部の膀胱尖,後下部の膀胱底,
    その中間の膀胱体に区別される。これら3部
    の境界はそれほど明瞭ではない。
       膀胱底の後方で,左右の尿管が開口する尿管
    口と,尿道の始まりである内尿道口を結ぶ三角
    形の領域があり,これを膀胱三角という。
    ◆構造
     膀胱の壁は,粘膜・平滑筋層・外膜(漿膜)の3層からなる。(明瞭には区別できない。)尿管壁も同様の3層構造であるが,膀胱壁の平滑筋層は分厚い。膀胱三角の壁は,膀胱の他の部分と違って,伸張性に乏しい。
    粘膜:..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。