★理学療法・作業療法実習対策レポート★四肢の血行障害について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数257
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    四肢の血行障害について
    【概要・分類】
     四肢の血管における血流障害が関与して発生する疾患である。
    Ⅰ.四肢の動静脈の障害     Ⅱ.外傷後の腫脹による血管圧迫
    Ⅲ.広義の骨壊死 ― ①骨端症,②一次性骨壊死,③二次性無腐性骨壊死
    【四肢の循環障害をきたす疾患】
    Ⅰ.四肢の動静脈の障害
    ①閉塞性血栓血管炎
    冷感,疼痛,間欠性披行が出現し,進行すると指趾の壊死をきたす疾患である。
    青壮年期の男性に好発し,喫煙習慣と密接な関連がある。
    上肢にも起こるが,下肢に多い。
    末梢動脈壁全層に及ぶ炎症を認め,内腔の狭窄,動脈周囲の線維性増殖,血栓形成などにより動脈が閉塞する。
    生命予後は悪くはない。薬物療法や交感神経切除術には限界があり,進行例では切断術の適応になる。
    ②閉塞性動脈硬化症
    閉塞性血栓血管炎に比べて,より中枢の血管に閉塞が起こる。
    50歳以上に好発し,女性より男性にやや多い。
    動脈壁の粥状硬化が原因である。
    心疾患,脳血管障害,糖尿病などを合併していることがある。
    間欠性披行が初期症状であることが多く,閉塞が進行すると皮膚の潰瘍や壊死をきたす。
    (腰部脊柱管狭窄症による馬尾間欠性披行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。