★理学療法・作業療法実習対策レポート★膠原病について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数19
閲覧数196
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    膠原病について
    関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、全身性強皮症、結節性動脈周囲炎、リウマチ熱の6疾患は、免疫機構の異常によって膠原繊維にフィブリノイド壊死を起こし全身臓器を侵す自己免疫疾患である。
    膠原病および周辺疾患患者に共通の症状
    1.発熱
     ・抗生物質や解熱剤では解熱効果は得られず、副腎皮質ステロイド剤が効果を示す。
      発熱の割りに発汗が少ない。
     ・随伴症状と自覚症状:全般的にバイタルサインの変化、倦怠感、易疲労、脱力、
      食欲不振、体重減少など
     ・注意:解熱効果を高めるために、冷やすとレイノー現象を引き起こす恐れあり
      ※皮膚が異常な過敏状態にあるため
    2.皮膚症状
     ・定型紅斑と非定型的発疹(紅斑、紫斑、水疱、蕁麻疹など)、潰瘍、壊疽、浮腫、
    仮面様顔貌など、それぞれの疾病特有の皮膚症状がある。
    全身性エリテマトーデス 顔面蝶形紅斑 強皮症 び慢性紅斑、浮腫、皮膚硬化と萎縮、色素沈着、口囲の放射状しわ 皮膚筋炎 浮腫性紅斑(ヘリオトロープ疹)、白斑 リウマチ熱 リウマチ結節、輪状紅斑 慢性関節リウマチ 皮下結節 結節性多発動脈炎 皮下結節 ※予防として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。