★理学療法・作業療法実習対策レポート★脳卒中の急性期・回復期リハビリテーションについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数30
閲覧数253
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    急性期の理学療法
    ○目的
    ・救命
    ・病巣の広がりや再発の防止
    ・廃用症候群の予防
    ○リスク管理
    ・顔色、表情、欠伸などの注意深い観察
    ・バイタルサインのチェック
    ・頻回な呼びかけとそれに対する反応のチェック
    ・心電図モニターのチェック
    ○急性期における評価の進め方
    ・意識障害の程度、安静時のバイタル、体動時のバイタルの変化、
    排尿・排便の状況のチェック
    ※精神機能の混乱や脳浮腫による一過性の高次脳機能障害に注意
    ・麻痺の程度と回復状況
    ①意識障害の状況に左右されやすい
    ②早期一ヶ月間の回復は急展開 → 運動麻痺が回復?or進行?
    ※原因 :血腫の吸収(回復)、梗塞の進度・病巣の拡大&再発(進行)
    ※脳の損傷部位が少ないと、早期からの上下肢の動きが出る
    ・筋緊張の状況 → 静的、動的、他動的抵抗感、保持能力、操作時変化
    ・ベッド上動作の遂行能力
    ・姿勢安定性と身体活動能力
    ・高次脳機能障害の程度
    ・感覚障害の程度
    ・非麻痺側の機能
    ・四肢の浮腫の状況
    ・関節可動域
    ・痛み
    ・家族や人間関係
    ○目標設定
    ・機能的予後予側に従った、退院先予測をふまえた目標
    ・短期目標のつみかさね → 予後予..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。