★理学療法・作業療法実習対策レポート★椎間板ヘルニアについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数171
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【椎間板ヘルニア】
    Ⅰ.疫学・病態
     A.症状:脱出した椎間板組織が神経根を圧迫して腰・下肢痛を引き起こす。
    B.原因:加齢に伴う椎間板の退行変性の過程
    重量物居城やスポーツなどの力学的負荷がきっかけとなる症例が少なくない。
    C.好発年齢:20歳台・30・40台次いで10、50~60歳台の活動性の多い男性に多い。
    D.好発部位:L4~5椎間板、次いでL5~S1椎間板。
    E.症状は:腰から足先にかけてしびれや痛み、筋力の低下など
    せきやくしゃみでも激痛がおこる
    神経根を圧迫して坐骨神経痛などの症状を引き起こす
    ひどい場合は排尿ができなくなる場合もある
     F.感覚障害
    支配神経根 L4 L5 S1 主な責任椎間高位 L3/4 L4/5 L5/S1 深部反射 膝蓋腱反射 ― アキレス腱反射 支配筋 大腿四頭筋 前頚骨筋 下腿三頭筋 長母指伸筋 長母指屈筋 長指伸筋 長指屈筋
    上記のように、下肢に感覚障害・疼痛をもたらす場合がほとんどだが。大きな椎間板ヘルニアが正中背側に発生する(正中ヘルニア)と、硬膜管内にある馬尾全体を圧迫する。この場合には下肢に多根性の感覚運動障害のほかに排尿障害(S2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。