★理学療法・作業療法実習対策レポート★パーキンソン概要と評価について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数37
閲覧数484
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    パーキンソン病
    <パーキンソン病に関する基礎知識>
    パーキンソン病(Parkinson's disease)は、慢性進行性の変性疾患で、固縮、振戦、無動(寡動)、姿勢反応障害を4大主徴とする代表的な錐体外路系疾患である。
    パーキンソン病に関連した一連の症状を呈する疾患群は、総称してパーキンソニズム(Parkinsonism)と呼ばれ、その原因から、特発性のパーキンソン病と症候性パーキンソニズムとに大別されている。
    近年では人口構成の高齢化に伴い多発性脳梗塞による脳血管性パーキンソニズムが増加の傾向を示している。
    パーキンソニズムは、原因から特発性のパーキンソン病と症候性パーキンソニズムに大別される。
    各種パーキンソニズムの特徴
    病名 パーキンソン病 脳血管性パーキンソニズム 薬剤性パーキンソニズム 概念 振戦、筋強剛、運動減少を主徴とする原因不明の変性疾患 多発性の脳血管性病変を有するパーキンソニズム 抗精神薬、降圧剤などの薬物中毒によるパーキンソニズム 性 男≒女 男>女 男≦女 年齢 50~60歳 60歳以降 高齢者に多い 既往歴 特になし 高血圧
    脳血管障害 薬物の服用 病理 中..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。