★理学療法・作業療法実習対策レポート★関節リウマチの発生機序・病理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数228
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    関節リウマチ
    Ⅰ.疫学・病態
    A.症状:多発性の関節炎.
    B.原因:原因不明の全身性の自己免疫疾患.滑膜性関節の破壊が生じ,憎悪と寛解を繰り返しながら進行する疾患.原因は不明である.また,膠原病の一種でもある.
    C.発症率:0.3~0,5%,
    D.好発年齢:20~50歳台(40~50歳台に特に多い.)男女比は1:
         3~1:4と女性に多い.(60歳台で男女同数).女性に多い理由は,女性ホルモン・出産・妊娠が関係している.罹病率に影響を与える因子として,年齢・性ホルモン・遺伝的因子・心理社会的ストレスなどが挙げられている.
     ●リウマチは,免疫反応の異常である(下図)↓
     
    関節リウマチはT細胞の認識障害と異常増殖から
    サイトカイン,成長因子の産生過剰が起こると考
    えられている.関節軟骨の破壊が起こると・・・
    滑膜が炎症を起こし,パンヌスを形成し軟骨や関
    節辺縁部,関節軟骨,さらには骨を侵食し骨吸収,
    骨破壊を起こす.
    E.感覚障害
    1.肘関節に見られる特徴:尺骨神経麻痺・後骨間神経麻痺
    2.手関節に見られる特徴:手根管症候群
     
    Ⅱ.生化学検査
    A.全身状態:白血球数
    B.炎..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。