★理学療法・作業療法実習対策レポート★前十字靭帯(ACL)について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数240
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ACL
    1一般的靭帯損傷の病理 
    ・ 骨格靭帯の機能
      ① 関節をまたいで2つの骨をつなぐ付着部
      ② 関節の動きを誘導
      ③ 関節の適合性を維持
      ④ 関節の位置覚センサーとしての機能
    ・ 靭帯強度に影響を与える因子(*内的+外的因子に影響される)
      ① 構造的コンポーネント?
      ② 年齢
      ③ 歪み率?
      ④ 荷重方向
    ・ 靭帯損傷
      ① 接触あるいは直接的外傷
      ② 動的負荷
      ③ 繰り返されるオーバーユース
      ④ 構造的欠陥
      ⑤ 柔軟性の欠如
      ⑥ 筋肉のインバランス
      ⑦ 急速な成長
    *スポーツ医学では外傷・傷害の主なメカニズムは・・・
      ① 強度
      ② 方向
      ③ 期間
    ④ 頻度
    ⑤ バリエーション
    ⑥ 負荷の回数     などに分類される機械的負荷に関係する
    *靭帯損傷は関節の安定機能を動作の抑制を損なう
    *損傷は靭帯の位置覚を低下させ,靭帯筋反射時間の低下を招く
    *靭帯損傷は,靭帯の最大強度をはるかに超える負荷が一回掛かっただけで起こったり,大きな過負荷が,回復するのに十分な時間が無いまま反復し(繰り返す捻挫),これらの慢性的な外傷..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。