★理学療法・作業療法実習対策レポート★変形性膝関節症基礎知識・評価・プログラム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数223
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    変形性骨関節症
       (osteoarthritis)
    【概念】
      関節軟骨の退行変性と荷重による機械的摩擦のため関節は変形・破壊されその機能
       は障害される.加齢とともに発生する原因不明の一次性,原因疾患のある二次性に分
    類される.日本人の場合股関節では臼蓋形成不全や先天性股関節脱臼などによる二
    次性が90%を占め膝関節はほとんどが一次性である.肥満の中高年の女性に多く見
    られる.
       変形性骨関節症は非炎症性で進行性に可動関節,特に荷重関節を侵す疾患で病理学
    的に関節軟骨の変性,摩耗による荒廃と軟骨および関節縁の骨新生,つまり摩耗相と
    増殖相とが混在しているところに特徴がある.
    変形性膝関節症
    変形性膝関節症は関節軟骨の変性を基盤と
    した非炎症性の疾患である.
    *概要*
      半月板損傷や外傷などの二次的な損傷によって生じることが多い.膝蓋大腿関節
      の変性(膝蓋軟骨軟化症)は若者に見られる障害で,関節症で出現する脛骨大腿関節
    の狭小化や脛骨,大腿骨内側縁の骨棘形成やみられない.内反膝変形(genuvarum)の
    人は内側区画に,外反膝変形(genuvulgum)の人は外側..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。