悪循環からの脱却法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数203
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最近の経済の在り方は、先行投資による規模拡大を目指したものや、作業の単純化による雇用の拡大を図ったものが注目されていました。また企業が高性能な機械化を導入する事や、販売の機会損失を発生させない新しい管理などが行われ、業務の効率化を狙うものが中心となりつつありました。
    現在の社会では、品物の値段が下がると考えられる時において、同じ品物を今買わずに値段が下がってから買った方が得だと消費者は考えています。その結果、買うことを先延ばしにするというスタイルが取られています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    悪循環からの脱却法について
    最近の経済の在り方は、先行投資による規模拡大を目指したものや、作業の単純化による雇用の拡大を図ったものが注目されていました。また企業が高性能な機械化を導入する事や、販売の機会損失を発生させない新しい管理などが行われ、業務の効率化を狙うものが中心となりつつありました。
    現在の社会では、品物の値段が下がると考えられる時において、同じ品物を今買わずに値段が下がってから買った方が得だと消費者は考えています。その結果、買うことを先延ばしにするというスタイルが取られています。
    ただし、これがインフレの場合においては、値上がりに商品を買っておこうとする姿勢が見受けられます。しかし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。