グループ経営の定着について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数159
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在の経営において、企業という組織体をまとめていくのに欠かせないのが間接業務の存在です。この間接業務は、企業の規模が拡大するほど、人事や総務などの業務が増加していき、その内容も複雑になっていきます。最近増えている分社化や企業の合併といったような戦略的な経営の下で、連結対象となる子会社が増えてきている事は、成長企業にとっては軽視出来ないものとして認識されています。
    こうした背景の中で、これらの課題に対する解決策として、人事や総務に関わる業務以外でも、業務に用いられる情報システムの開発していく方法が考え出されました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    グループ経営の定着について
    現在の経営において、企業という組織体をまとめていくのに欠かせないのが間接業務の存在です。この間接業務は、企業の規模が拡大するほど、人事や総務などの業務が増加していき、その内容も複雑になっていきます。最近増えている分社化や企業の合併といったような戦略的な経営の下で、連結対象となる子会社が増えてきている事は、成長企業にとっては軽視出来ないものとして認識されています。
    こうした背景の中で、これらの課題に対する解決策として、人事や総務に関わる業務以外でも、業務に用いられる情報システムの開発していく方法が考え出されました。また、そうした情報を運用して集約し、物流を一手に引き受..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。