社会のマイナス的な衰退について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数149
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在の日本経済はデフレ的な状況ではあります。しかしながら、必ずしもデフレスパイラルには陥っていないという認識が一部ではなされています。このわけには、マイナス成長と物価下落の同時進行というリスクから完全に解放されているわけではないからだと考えられているからです。そのためには、物価下落と経済の関係を簡単に整理する必要があるとされています。そのため、政策対応のあり方を考えてみる事が重要視されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会のマイナス的な衰退について
    現在の日本経済はデフレ的な状況ではあります。しかしながら、必ずしもデフレスパイラルには陥っていないという認識が一部ではなされています。このわけには、マイナス成長と物価下落の同時進行というリスクから完全に解放されているわけではないからだと考えられているからです。そのためには、物価下落と経済の関係を簡単に整理する必要があるとされています。そのため、政策対応のあり方を考えてみる事が重要視されています。
    この政策には、物価下落の経済に対する不安定効果を払拭してもらう必要が生じる事になると思われます。そして、デフレスパイラルのリスクを軽減するためには、通常の経済政策だけで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。