会社知識の活用について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数212
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在の会社状況において、ワープロ文書の内容や表計算文書の内容などの共有のシステムを持って業務に取り組んでいる企業は多くなっています。しかしながら、そういった情報を知識として活用できる、といった状態になるよう整備されている場合は多くありません。これは、情報の内容が個人によって占有されていることを指し示しています。こういった状況を回避するため活用されているのが、ナレッジマネジメントを行うといった方針です。

    このナレッジマネジメントが活用されるうえで求められている解決策は、共有できる知識を、企業の利益に貢献する形で、その知識を活用できるところまでにシステムを構築される事にあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    会社知識の活用について
    現在の会社状況において、ワープロ文書の内容や表計算文書の内容などの共有のシステムを持って業務に取り組んでいる企業は多くなっています。しかしながら、そういった情報を知識として活用できる、といった状態になるよう整備されている場合は多くありません。これは、情報の内容が個人によって占有されていることを指し示しています。こういった状況を回避するため活用されているのが、ナレッジマネジメントを行うといった方針です。
    このナレッジマネジメントが活用されるうえで求められている解決策は、共有できる知識を、企業の利益に貢献する形で、その知識を活用できるところまでにシステムを構築される事にあり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。