現代の天動説の考え方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数323
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    過去において、古代ギリシア・古代ローマ文明以外では、天動説に類する宇宙観は生まれないか、発展しなかった。また、メソポタミア文明では、詳しい惑星の位置観測結果が粘土板として出土しているが、この文明がどのような世界観を持っていたのかは不明である。こういった多くの文明は、半球状の世界の中心に観測者がいるという世界観を持っていた。つまり、この場合、球状の「地球」が世界の真ん中に浮かんでいるという概念がまだ存在しないので、天動説とは呼ばない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の天動説の考え方
    過去において、古代ギリシア・古代ローマ文明以外では、天動説に類する宇宙観は生まれないか、発展しなかった。また、メソポタミア文明では、詳しい惑星の位置観測結果が粘土板として出土しているが、この文明がどのような世界観を持っていたのかは不明である。こういった多くの文明は、半球状の世界の中心に観測者がいるという世界観を持っていた。つまり、この場合、球状の「地球」が世界の真ん中に浮かんでいるという概念がまだ存在しないので、天動説とは呼ばない。古代インドでは、須弥山説(ヘビの上にカメが乗り、その上にゾウが乗って、その上に人間の住む世界があるという世界観)が唱えられ、古代中国では、蓋天..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。