経済を蝕む悪循環について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数208
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    デフレというものは、経済が全体として縮小していく過程のことを指しています。この事態は、日本では現在もこの状況下にいると考えられています。このデフレには、家計だけではなく、企業なども含む全部の市場が縮小傾向になること認識されています。そして、その影響を受けた結果、再び家計と企業の経済行動を押し下げていくという構造であると考えられています。そのうえ、地価や株価がそれに伴って下落し、景気に関しても悪循環を引き起こすことがデフレスパイラルと呼ばれ一般には知られています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済を蝕む悪循環について
    デフレというものは、経済が全体として縮小していく過程のことを指しています。この事態は、日本では現在もこの状況下にいると考えられています。このデフレには、家計だけではなく、企業なども含む全部の市場が縮小傾向になること認識されています。そして、その影響を受けた結果、再び家計と企業の経済行動を押し下げていくという構造であると考えられています。そのうえ、地価や株価がそれに伴って下落し、景気に関しても悪循環を引き起こすことがデフレスパイラルと呼ばれ一般には知られています。
    このデフレによる物価の低下では、社員の賃金や雇用などの減少も引き起こすものとなっています。また、企業利潤な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。