発展段階の組織編制について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数266
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    会社の労働状態の中で、年俸制を導入しようとする経営者が多々存在するようになってきています。これには、年俸制を導入する事によって、社員が活性化して、業務についての態度も変化するだろうという考えがあるからだと思われます。
    しかしながら、実際には年俸制を導入するだけで社員の意欲や動きが変わるということないであろうと考えられています。そのため、会社の活性化を図ろうとするならば、組織の活性化を意図して年俸制の導入を行う事は敬遠したほうが良いという認識が広まりつつあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発展段階の組織編制について
    会社の労働状態の中で、年俸制を導入しようとする経営者が多々存在するようになってきています。これには、年俸制を導入する事によって、社員が活性化して、業務についての態度も変化するだろうという考えがあるからだと思われます。
    しかしながら、実際には年俸制を導入するだけで社員の意欲や動きが変わるということないであろうと考えられています。そのため、会社の活性化を図ろうとするならば、組織の活性化を意図して年俸制の導入を行う事は敬遠したほうが良いという認識が広まりつつあります。
    組織の活性化には、社内のコミュニケーションの改善が重要であるとされています。そのうえで、経営計画の浸透を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。