集中化された組織による業務について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数186
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    会社という組織体をまとめるという事は、現在では非常に難しいものです。そのような組織を、将来にわたって継続してまとめていくのに欠かせないものが、間接的な業務の存在です。これは、会社が拡大するほど業務が増加していくものとして考えられているからです。
    こういった状況の中で、複数の組織で行っている間接的な業務を集中して独立採算化する姿勢が最近では取られる事になりつつあります。そういった、グループ内の各企業に対して、業務支援サービスとして提供する形態が企業の中で浸透しつつあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集中化された組織による業務について
    会社という組織体をまとめるという事は、現在では非常に難しいものです。そのような組織を、将来にわたって継続してまとめていくのに欠かせないものが、間接的な業務の存在です。これは、会社が拡大するほど業務が増加していくものとして考えられているからです。
    こういった状況の中で、複数の組織で行っている間接的な業務を集中して独立採算化する姿勢が最近では取られる事になりつつあります。そういった、グループ内の各企業に対して、業務支援サービスとして提供する形態が企業の中で浸透しつつあります。こういった方法は、業務の集約化によって、仕事の効率化を狙う目的があります。
    この目的によ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。