現代の組織経営の在り方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数290
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    新しい経営スタイルとして、グループ経営が定着するにつれて、今後も企業価値を向上させるには個別企業レベルの業務に関しての改善を繰り返すだけでは十分とは言えない状況になったとされています。
    そのため、グループ全体で最適な業務運営を実践して、継続的に業績の向上を図る必要があると考えられています。その解決策の一つとしてシェアードサービスに注目が向けられています。このシェアードサービスというものは、サービスを安価に共有する仕組みとして認識されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の組織経営の在り方について
    新しい経営スタイルとして、グループ経営が定着するにつれて、今後も企業価値を向上させるには個別企業レベルの業務に関しての改善を繰り返すだけでは十分とは言えない状況になったとされています。
    そのため、グループ全体で最適な業務運営を実践して、継続的に業績の向上を図る必要があると考えられています。その解決策の一つとしてシェアードサービスに注目が向けられています。このシェアードサービスというものは、サービスを安価に共有する仕組みとして認識されています。
    その内容には、企業の各社の持つ共通的な機能を集約することに重点が置かれています。これによって、効率的なサービスを提供する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。