最適化された経営方法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数214
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    経営の連結決算が重視される状況で、企業個別の業務改善だけを目指すだけでは、市場を生き残る事が難しくなってきました。そのため、企業グループ全体の事業を最適化していこうとする経営が現在では求められています。
    こういった背景を受けて、企業の間接部門おや基幹業務システムを中心においた、業務のシェアードサービス化を実践する組織が生まれてきています。そういった組織は、シェアードサービス・センターと呼ばれ、こういった組織を設立する企業が最近では増加してきています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    最適化された経営方法について
    経営の連結決算が重視される状況で、企業個別の業務改善だけを目指すだけでは、市場を生き残る事が難しくなってきました。そのため、企業グループ全体の事業を最適化していこうとする経営が現在では求められています。
    こういった背景を受けて、企業の間接部門おや基幹業務システムを中心においた、業務のシェアードサービス化を実践する組織が生まれてきています。そういった組織は、シェアードサービス・センターと呼ばれ、こういった組織を設立する企業が最近では増加してきています。
    シェアードサービス・センターを立地する場所についての課題や、これに従属する社員の確保などの課題も残っています。また..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。