物価減少の与える損失について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数171
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    企業の販売する製品の物価が下がるということ、また、その事によってモノが安く手に入るということは、わたしたち消費者にとって、生活をしていく上では歓迎すべき事として受け入れられます。また、値段を下げることによって、顧客と収益を確実に増やしている会社があるということも事実として存在しています。しかしながら、物価が安くなるが、それでも物が売れないため、更に価格が下げられるという事態が発生しています。このため、企業は利益が出ないことになり、給料は下げざる得ない事態に発展しつつあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    物価減少の与える損失について
    企業の販売する製品の物価が下がるということ、また、その事によってモノが安く手に入るということは、わたしたち消費者にとって、生活をしていく上では歓迎すべき事として受け入れられます。また、値段を下げることによって、顧客と収益を確実に増やしている会社があるということも事実として存在しています。しかしながら、物価が安くなるが、それでも物が売れないため、更に価格が下げられるという事態が発生しています。このため、企業は利益が出ないことになり、給料は下げざる得ない事態に発展しつつあります。そういった影響は、リストラを更に進める事に繋がってしまい、消費者の購買意欲が下げることにな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。