表現を育てる保育者の役割についてテキストの内容を参考に述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,208
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『表現を育てる保育者の役割についてテキストの内容を参考に述べよ。』

    保育の現場では、「表現」という領域が設けられてからずいぶん年月が過ぎたのだが、最初の頃は従来の「造形・絵画制作」「音楽リズムが消えて「表現」という領域が生まれたので、どうしても従来の2つが合体したもの、あるいはそこに演劇的な内容が加わるものと考えがちであった。
    ところが、幼児たちは、日常生活の中で、手段や分野にこだわることなく表現している。手段や分野で限定されることなく表現している。幼児たちの表現はもっと多様で渾然としている。あらゆる場面において気持ちの発露としての様々な表現が見られるのである。
    もともと、人間にとって表現の手段は幅広く多様である。そのことは保育者として大切にしなければならない。幼児たちのごく普通の日常にしっかりと目を向け、保育者はそれに気づき、受容、援助し、子どもの豊かな生活へと発展させる必要があると考える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『表現を育てる保育者の役割についてテキストの内容を参考に述べよ。』
    保育の現場では、「表現」という領域が設けられてからずいぶん年月が過ぎたのだが、最初の頃は従来の「造形・絵画制作」「音楽リズムが消えて「表現」という領域が生まれたので、どうしても従来の2つが合体したもの、あるいはそこに演劇的な内容が加わるものと考えがちであった。
    ところが、幼児たちは、日常生活の中で、手段や分野にこだわることなく表現している。手段や分野で限定されることなく表現している。幼児たちの表現はもっと多様で渾然としている。あらゆる場面において気持ちの発露としての様々な表現が見られるのである。
    もともと、人間にとって表現の手段は幅広く多様である。そのことは保育者として大切にしなければならない。幼児たちのごく普通の日常にしっかりと目を向け、保育者はそれに気づき、受容、援助し、子どもの豊かな生活へと発展させる必要があると考える。
    豊かな表現を育てるということは一つの主要な目標であるが、単に表現を上手にさせることではない。表現の豊かさは日常生活の豊かさ、毎日の経験の豊かさによってもたらされる。それを表すことで内面がいっそう..

    コメント1件

    love56 購入
    参考になりましたぁ。
    2007/01/04 0:23 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。