保育の現状と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数7,527
ダウンロード数60
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年、子どもや家庭を取り巻く環境は大きく変化している。核家族化や女性の社会進出が進む一方、子育てに対する家庭での養育力が弱まっており、地域における子育て支援の必要性が増大している。又、少子化が進んでいるにもかかわらず、女性の社会進出に加え、長期にわたる景気の低迷等も相まって、保育需要は増大し、保育所入所待機児数は減少していない。加えて、産休明けから預かってほしい、残業の間も預かってほしい、といった保育ニーズの多様化、高度化が進んでいる。
     こうした、いわゆる都市型保育ニーズの増大に十分に対応するためには、保育サービスにおいても、これまでのような、行政のコントロールの下での硬直的で画一的な既存のシステムを見直し、新たなものへ再構築することが必要である。
    福祉改革を進める中で、子どもが地域で健やかに育つ社会を築くため、保育の都市型サービスへの転換、社会的養護システムの再構築、子育てを地域の中でバックアップする仕組みの構築に取り組んでいる。その目指すところは、子どもにとってより健やかに育つ環境を、いかに家庭や地域の中で総合的に確立し、支援体制を確保していくかということにあると考える。
    もとより、子どもを育てる責任は第一義的には親にあるが、親が安心して子どもを育てられるようにするためには、効果的な子育て支援策の充実を図っていくことがまず重要である。
    そのためには、保育サービスについても、こうした子育て支援策の一つとして、現状からの保育ニーズの増大に的確に応えていくことが求められていると考える。そのためには従来の保育システムを改革し、保育システム全体のレベルアップと保育サービスの内容の充実を図ることが必要である。
    今日、保育サービスは、子どもを持つどの家庭にとっても必要な、生活を支える普遍的なサービス、一般的サービスとしての性格がますます強くなってきている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「保育の現状と課題について述べよ。」
    近年、子どもや家庭を取り巻く環境は大きく変化している。核家族化や女性の社会進出が進む一方、子育てに対する家庭での養育力が弱まっており、地域における子育て支援の必要性が増大している。又、少子化が進んでいるにもかかわらず、女性の社会進出に加え、長期にわたる景気の低迷等も相まって、保育需要は増大し、保育所入所待機児数は減少していない。加えて、産休明けから預かってほしい、残業の間も預かってほしい、といった保育ニーズの多様化、高度化が進んでいる。
     こうした、いわゆる都市型保育ニーズの増大に十分に対応するためには、保育サービスにおいても、これまでのような、行政のコントロールの下での硬直的で画一的な既存のシステムを見直し、新たなものへ再構築することが必要である。
    福祉改革を進める中で、子どもが地域で健やかに育つ社会を築くため、保育の都市型サービスへの転換、社会的養護システムの再構築、子育てを地域の中でバックアップする仕組みの構築に取り組んでいる。その目指すところは、子どもにとってより健やかに育つ環境を、いかに家庭や地域の中で総合的に確立し、支援体制を確保して..

    コメント2件

    tukamoto 購入
    よい
    2006/09/03 13:17 (10年3ヶ月前)

    akifa0202 購入
    参考になりました。
    2007/02/24 15:49 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。