キリスト教「信じるものは救われる」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数875
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    外国では様々な宗教があるが、主にキリスト教などでは食事の前に祈ったり、決められた時間に祈ったりしている。だが、このような「宗教」は日本ではあまり浸透していません。
    しかし、日本人は宗教に入っていなくてもお正月には神社に参拝し、お賽銭をあげて願い事をしたり、「健康でいられますように」などと祈ったり受験やテストの前なども「うまくいきますように」などと、私たちは祈るのです。私たちにとって最も当たり前で身近な祈りは「神社でお賽銭をあげて祈る」ということであるでしょう。初詣に行ってこれをしない人はいないのではないでしょうか。むしろ、これをしないと初詣にいった意味がないと考える人も少なくはないでしょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外国では様々な宗教があるが、主にキリスト教などでは食事の前に祈ったり、決められた時間に祈ったりしている。だが、このような「宗教」は日本ではあまり浸透していません。
    しかし、日本人は宗教に入っていなくてもお正月には神社に参拝し、お賽銭をあげて願い事をしたり、「健康でいられますように」などと祈ったり受験やテストの前なども「うまくいきますように」などと、私たちは祈るのです。私たちにとって最も当たり前で身近な祈りは「神社でお賽銭をあげて祈る」ということであるでしょう。初詣に行ってこれをしない人はいないのではないでしょうか。むしろ、これをしないと初詣にいった意味がないと考える人も少なくはないでしょう。
    現に、明治神宮や浅草寺など有名な場所は毎年お賽銭をあげて祈ろうとする人々で長蛇の列です。私も受験の年は寒い中1時間以上も並んで「合格しますように」と祈ったことを覚えています。
    しかし私はこのような日本人の、神への祈りについての考えがキリスト教を信じる人との最も大きな違いであると思うのです。
    日本人は神へ祈るということを、神にお賽銭をあげて願い事をすることだと考えています。そうすればご利益が来るはず..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。