社会科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,243
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本子ども政治地域問題人間授業知識指導地理

    代表キーワード

    社会科概論

    資料紹介

    『社会科の成立と今日までの変遷の概要を述べ、その変遷における著しい特徴について説明しなさい』
     まず、社会科が成立したのは、第二次世界大戦後である。戦前の明治期では大正デモクラシー期における児童中心主義や生活の綴り方運動、郷土教育などの社会科につながる教育思潮もあった。しかし、それらは教科として位置づけられていなかったのである。戦時中においては国民学校令に基づく「国民科」によって終身や歴史等の科目があった。その目的は「皇国民の練成」であり、国体を維持するための知識や価値を教授していたのである。戦後は民主主義を教科原理とした社会科が成立し、戦後日本の新教育を担う中核的な役割を持った教科として新たに登場した。また、終戦後の新教育指針においても平和を愛する国民主義国家の創造を強調したが、新しい日本国憲法の松本案を影響しているせいか、「日本には旧いものが残っている」「日本国民は人間性・人格などを尊重しない」「日本国民は権威に盲従しやすい」「日本国民は科学的水準が低い」「日本国民はおほらかな態度が少ない」といった5つの克服点を挙げ、教育者の任務は大きいとした。そして、学校教育法施行規則の公布を経て、社会科が教科過程として位置づけられるようになり、昭和22年9月から授業が行われることになったのである。
     指導要領の改訂は初期の試案から今日までに一部改定を含めて、8回の改定がなされている。そして、社会化教育は昭和22年・昭和30年・昭和43年の3つの改定によって、大きく変遷したのである。
     昭和22年発刊の「学習指導要領一般編(試案)」によると新たな社会科では「社会生活についての良識と性格を養うこと」を目的として、「これまでの修身・公民・地理・歴史などの教科内容を融合して一体として学ばれなくてはならない」とされた。当初の社会科では学問的な系統よりも児童生徒の経験が重視され、知識よりも社会生活の進展に寄与できることが重視された。これは生活上の諸問題を解決する力の育成を意図したのである。
     また、昭和26年の改定では、社会科としての性格や内容構成に変化はないが、目標の明確化、各学年の単元基底例に修正、ねらいを明確にした指導、社会科における評価の観点などを示している。
     経験主義に基づく社会科では、子どもたちが生活している地域の実態を明らかにし、地域を根ざしたカリキュラムの作成が要請された。だが、社会科の理念や性格をめぐって、様々な批判や論争が起こったのである。大杉氏によると学習方向性のない「ごっこ遊び」や「調査活動のまねごと」は筋の通った知識は得られず、基礎学力の低下を招くとした批判である。また、問題解決学習と現実的課題の結合を「綜合コース」とすることが、その対極として系統的な教授と一緒に追求されるならば、否定の対象だった知識主義の教科教育を容認するものになること、問題解決学習と系統学習を二元的に領域区分しないならば、系統的な内容体系は、問題解決の立場から新たに知識内容を再構成したところに確立されるのではないかなどを約10ヶ月にわたって展開した「勝田・梅根論争」などによって、発足当時の社会科が内包していた問題が明らかになったのである。そして、サンフランシスコ講和条約の締結を経て、日本の文教政策も変化し、愛国心教育や道徳教育の必要性の訴えなどと関連して、社会情勢や政治姿勢の変化と共に社会科は性格を変容していく。
     昭和30年になると社会科のみを対象とした改定が実施された。改定の要点は、小中学校の一貫性を図ること。従来の学年目標を具体化して、基本目標と具体目標を設定。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『社会科の成立と今日までの変遷の概要を述べ、その変遷における著しい特徴について説明しなさい』
     まず、社会科が成立したのは、第二次世界大戦後である。戦前の明治期では大正デモクラシー期における児童中心主義や生活の綴り方運動、郷土教育などの社会科につながる教育思潮もあった。しかし、それらは教科として位置づけられていなかったのである。戦時中においては国民学校令に基づく「国民科」によって終身や歴史等の科目があった。その目的は「皇国民の練成」であり、国体を維持するための知識や価値を教授していたのである。戦後は民主主義を教科原理とした社会科が成立し、戦後日本の新教育を担う中核的な役割を持った教科として新たに登場した。また、終戦後の新教育指針においても平和を愛する国民主義国家の創造を強調したが、新しい日本国憲法の松本案を影響しているせいか、「日本には旧いものが残っている」「日本国民は人間性・人格などを尊重しない」「日本国民は権威に盲従しやすい」「日本国民は科学的水準が低い」「日本国民はおほらかな態度が少ない」といった5つの克服点を挙げ、教育者の任務は大きいとした。そして、学校教育法施行規則の公布を経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。