地球規模文明はどのような条件のもとに構想しうるか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数240
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート哲学環境持続可能性文明地球宗教

    代表キーワード

    哲学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地球規模文明はどのような条件のもとに構想しうるか
     “地球規模文明”とは何なのか。まずはその定義付けをしたい。文明とは、文化的同一性であり、家族・部族・故郷・国家・地域などよりも広く、個人が強く識別するところの最も広範囲なアイデンティティに相当するものであり、宗教との結びつきが強いものである。よって地球規模文明とは、その構成要素を世界中の人々が共有可能であり、宗教の枠を超越した文明であると定義する。
     現在の資本主義社会の下で、2割の人々が富み、残りの8割の人々が貧困に喘いでいる。このような不公平な状態では、どれだけグローバリゼーションが進んでも地球規模文明は生まれないだろう。それどころか、経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。