マクベス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,867
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【マクベス】 〜登場人物の性格について〜
      
    新潮文庫
    ウィリアム・シェイクスピア
    訳・福田 恒存

     今回、マクベスを読んで、 登場人物について自分なりの解釈をしてみた。たとえば、マクベスは利己的で非感情的、マクベス夫人は利己的で感情的、王ダンカンは利他的で感情的、という風にだ。(P3.図参照)これが正しいかどうかはシェイクスピアに聞くしかない。別にこの分類には、善い悪いの判断はないのだが、非感情的な利己主義、というのはどうも印象が悪い。かみ砕いて言えば、よく考えた上で自分のことを大事にする、とも言えるあたりにそんな感じがつきまとうのかもしれない。

    このなかで、マクベス夫人について考えてみようと思う。マクベスが戦場で魔女に「あなたはやがて王になる人だ」と吹き込まれ、自分の主人を使いダンカン王を殺そうと野心を抱きます。マクベス自身は王を殺すことをだんだん躊躇し始めるのですが、夫人は逆で「さっさと王を殺せ」といわんばかりなのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【マクベス】 ~登場人物の性格について~
      
      新潮文庫
                                        ウィリアム・シェイクスピア
                                        訳・福田 恒存
      
     
     今回、マクベスを読んで、 登場人物について自分なりの解釈をしてみた。たとえば、マクベスは利己的で非感情的、マクベス夫人は利己的で感情的、王ダンカンは利他的で感情的、という風にだ。(P3.図参照)これが正しいかどうかはシェイクスピアに聞くしかない。別にこの分類には、善い悪いの判断はないのだが、非感情的な利己主義、というのはどうも印象が悪い。かみ砕いて言えば、よく考えた上で自分のことを大事にする、とも言えるあたりにそんな感じがつきまとうのかもしれない。
    このなかで、マクベス夫人について考えてみようと思う。マクベスが戦場で魔女に「あなたはやがて王になる人だ」と吹き込まれ、自分の主人を使いダンカン王を殺そうと野心を抱きます。マクベス自身は王を殺すことをだんだん躊躇し始めるのですが、夫人は逆で「さっさと王を殺せ」といわんばかりなのだ。
    こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。