イギリスの階級社会と現代

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数6,397
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【イギリスの社会階級】〜イギリスの階級社会の現代社会への現れ〜

    イギリスというと階級制度が思いつくが、果たしてそれは現在どのようなかたちで存在しているのか。私たちが普段読む、小説やその映画化作品などを通してイギリス社会とイギリス人の心理に響く「階級意識」を考えていこうと思う。なんだかイジワルで「階級」にとりつかれたイギリス人、彼らの書く文章に練りこまれた「階級」にまつわる皮肉などを取り上げていきたい。

    まず、イギリスにおける階級とは何かということについて述べておきたい。階級は、イギリス以外の国では、まず経済的な区分として捉えられている。しかしイギリスでは「アクセント、家、車、スポーツ、食べ物、ファッション、飲み物、喫煙、スーパーマーケット、メロドラマ、休日を過ごす場所、そして運動靴に至るまで、生活のほとんどあらゆるものに微妙な、あるいは明白な、階級を表す名札がついてくるのである。」なのである。(『階級にとりつかれた人々』 新井潤美 より アンドリュー・アドニス『ア・クラス・アクト』)

     イギリスの階級の分類方法については
    アッパー・クラス=上流階級:地主・貴族・金融を中心とする資産家
    ミドル・クラス=中流階級:実業家・専門職など
    ワーキング・クラス=下流階級:労働者階級(ブルーカラー)

    に大別されていますが、個々の階級内においても上層・下層の区別が存在していて、必ずしも経済力を反映してはいないので、経済状態が逆転している場合もある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【イギリスの社会階級】~イギリスの階級社会の現代社会への現れ~
    イギリスというと階級制度が思いつくが、果たしてそれは現在どのようなかたちで存在しているのか。私たちが普段読む、小説やその映画化作品などを通してイギリス社会とイギリス人の心理に響く「階級意識」を考えていこうと思う。なんだかイジワルで「階級」にとりつかれたイギリス人、彼らの書く文章に練りこまれた「階級」にまつわる皮肉などを取り上げていきたい。
    まず、イギリスにおける階級とは何かということについて述べておきたい。階級は、イギリス以外の国では、まず経済的な区分として捉えられている。しかしイギリスでは「アクセント、家、車、スポーツ、食べ物、ファッション、飲み物、喫煙、スーパーマーケット、メロドラマ、休日を過ごす場所、そして運動靴に至るまで、生活のほとんどあらゆるものに微妙な、あるいは明白な、階級を表す名札がついてくるのである。」なのである。(『階級にとりつかれた人々』 新井潤美 より アンドリュー・アドニス『ア・クラス・アクト』)
     イギリスの階級の分類方法については
    アッパー・クラス=上流階級:地主・貴族・金融を中心とする資産家 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。