出生前診断を受けるということについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,057
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私は出生前診断を受けない。例え医師の説明が十分になされている病院であってもその気持ちは変わらない。
    まず出生前診断を受けるか否かに当たり、この診断についてよく知ることが大切である。私もこの講義を通して始めてその詳細や実態などを知った。出生前診断には羊水検査に加え母体マーカー検査がある。母体マーカー検査は血液検査のみで胎児が異常であるかどうかの確立がわかる。感染症や流産の可能性のある羊水検査よりもお手軽にすることができるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「出生前診断」を受けるということについて
     
    私は出生前診断を受けない。例え医師の説明が十分になされている病院であってもその気持ちは変わらない。
     まず出生前診断を受けるか否かに当たり、この診断についてよく知ることが大切である。私もこの講義を通して始めてその詳細や実態などを知った。出生前診断には羊水検査に加え母体マーカー検査がある。母体マーカー検査は血液検査のみで胎児が異常であるかどうかの確立がわかる。感染症や流産の可能性のある羊水検査よりもお手軽にすることができるのである。
     仮に出生前診断をするとするならば考えておかなければならないことがある。「出生前診断をする」ということの意味と意義である。物事には何事においてもそのものに理由がある。この場合は妊婦と言う非常にデリケートな時期に行うため、安易な気持ちで受けるべきではない。結果によっては精神状況を大きく左右するからである。だから受けるならば意義についてよく理解し、また医師の説明をきちんと受けることが必須である。意義について一人一人考え方は違うかもしれないが私は、「障害者のこどもを持つ」ということを受け入れられるか否かの診断であると思..

    コメント1件

    yosikoko 購入
    いい
    2006/07/27 4:33 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。