狩野永徳の作品について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,032
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    私は狩野派の一人である狩野永徳について述べたいと思う。狩野永徳は1543年から1590年まで生きた安土桃山時代の画家である。まず、狩野永徳の代表作であり、私の好きな「唐獅子図」屏風について述べたいと思う。
    次は「洛中洛外図」である。そして「洛中洛外図」屏風の中でも私が本を見ていて一番すばらしいと思った「洛中洛外図」屏風(上杉本)である。この屏風の最大の魅力は描写の細かさ、情報量の多さかもしれない。この絵はそれぞれの部分に、それぞれの町衆や貴族などの各々個人のストーリーが生き生きと描かれている。感心するのは、そのそれぞれのストーリーを一枚の屏風に描いているということである。それぞれがバラバラにならず統一感のとれた作品になっていることが感心させられた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私は狩野派の一人である狩野永徳について述べたいと思う。狩野永徳は1543年から1590年まで生きた安土桃山時代の画家である。彼は京都に生まれ、彼の祖父の元信や父の松栄から絵を学んでいた。また彼は歴史では欠かすことのできない織田信長や豊臣秀吉の御用。絵師として安土城などの名城の建設にも深く関係しているのである。
    まず、狩野永徳の代表作であり、私の好きな「唐獅子図」屏風について述べたいと思う。この作品では右の獅子の前の右足が浮いて、今にも次一歩を踏み出そうとしており、そして獅子が右の方に2頭いることによって、獅子が左の方へ動いていくのだというような、獅子が今にも左の方へ動いていくような感じが私には..

    コメント2件

    3ftkfach 購入
    ありがとうございました
    2007/01/22 13:43 (9年10ヶ月前)

    sei2324 購入
    aa
    2007/01/24 12:50 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。